top of page

Blog

ブログ

何故、そんな「魔法」のような事が出来るんですか?


昨晩(2月7日) アルケミスト~奇跡の水~【ハイポーション】 で、皆さんの自宅にある「ただの水」に、遠隔で 情報を入れることで、「奇跡の水」を生成しているわけですが 相変わらずの凄さ!を実感しています。 今、次々とFB(フィードバック)の報告が届いているので また、まとめて投稿しようと思っていますが・・・・ 何故、そんな「魔法」のような事が出来るんですか? という質問も、沢山の驚きの声と同じように、沢山の質問も届いています。 知らない方からすると・・・まあ、魔法に見えるでしょうね~ でも、僕たちのやっていることは「科学」」です。 例えば 「可視光線」って聞いたことありますか?




下記、Wikipediaより転載しています ------------------------------------------------------------------------- 可視光線 - Wikipedia 可視光線(かしこうせん、: visible light)とは、電磁波のうち、ヒトで見える波長のもの。 いわゆるのこと。JIS Z8120の定義によれば、可視光線に相当する電磁波の波長は 下界はおおよそ360-400 nm、上界はおおよそ760-830 nmである。 可視光線より波長が短くなっても長くなっても、ヒトの目には見ることができなくなる。 可視光線より波長の短いものを紫外線、長いものを赤外線と呼ぶ。 可視光線に対し、赤外線と紫外線を指して、不可視光線(ふかしこうせん)と呼ぶ場合もある。 転載、ココまで---------------------------------------------------------- 要は、人の目で見える光の事です 皆さんが、目で見えている世界が、大体 皆さんが現実!だと認めている世界です。 でも、 目で見えていない光を使って、 TVのリモコンを操作したり エアコンのON、OFFを操作したり 携帯電話で通話をしたり Wifiで、ネットを見たり 何の、不思議!も感じずに、利用していますよね? 可笑しくないですか? 肉眼では、見えないけど・・・紫外線、赤外線、電磁波、重力波 等々、沢山の見えない世界のモノを認知していますよね 皆さんに、見えない!というだけで、見えない光や力は、存在しています。 いや、むしろ 見えない世界の方が、莫大に多くて 見える世界の方が、実は、圧倒的に少ない!んですよ


可視光線の範囲が、目で見える範囲ですからね~ だから、僕たちは、「ほとんど、見えてない!」に等しいってことですよ

だから、見えない世界を信じないのは 皆さんの抽象度が低い(世界が狭い)だけ! 今や、その見えない世界は、肉眼では見えないけど 計測可能に、なってきています。 計測可能だから、 カーナビを使えたり 携帯電話が使えたり TVをリモコンで操作出来たり しているわけです。 そして 僕たちがやっている 「情報空間を書き換える」技術も、「量子を操作する」技術も 実は、計測可能だ!という事ですよ 計測可能という事は、TVのリモコンやカーナビや、携帯電話の通話 のように、利用できる! という事です。 皆さんが、肉眼で見ることが出来なくても・・・・ 似たようなことができるのが 量子波動機器です。 量子波動機器でいうと、メジャーところでいうと ●メタトロン ●タイムウエバー などがあります。 これは、量子レベルの波動(情報)を計測できる機器ですね そして、これで 遠隔で、ヒーリングもできれば ヒーリング水も作れます。 実は、僕たちがやっていることに、近い事が出来るのです ただ、欠点があります。 機器が、高い! 1台、何百万円もします! でも、色々なもの(身体や思考)の量子レベルの計測が出来ます。 普通の人たちからしたら、魔法のような事が出来る機器!だといえます。 が・・・ 僕たちのやっている「情報空間の書き換え」の人の意識の波動の方が ずっと、「強力」で「速い」んですよね~ そして、意識や意図で、いくらでも、好きなように 「情報の操作」が出来る。 だって、機械って、人が作ったものだから まあ、「眷属」みたいなもんでしょ! 人って、意識って 」そのものだから 創造主」だから そりゃ、眷属よりも強いよね!って話! 何故、僕たち「アルケミストマスター」が魔法のような事が出来るのか? という質問が、沢山来たので、一人一人に返信するのが面倒臭かったので ブログに投稿しました。 ただ、なぜ?魔法のような事が出来るのか? の一部の話ね! 見えない世界を操作する・・・のごく一部だけでも なんとなく・・・薄っすらと わかって、頂ければ・・・幸いです 全部、話すると 僕・・・消されるんですよ 国から・・・ それくらいのレベルのお話ですよってことです







Comments


bottom of page